FC2ブログ
     

安藤龍の個人的まとめ

9/9(日)
8:00-9:54『シューイチ』(中丸)
23:30-23:54『Music Lovers』(KAT-TUN)
23:54-24:50『Going-Sports&News』(亀梨)

9/10(月)
19:00-20:54『お試しかっ!2時間スペシャル』(中丸・田口)
9/11(火)
『不滅のスクラム』フラゲ日
9/14(金)
20:00-20:54『ミュージックステーション』
9/15(土)
23:00-23:30『極上空間 未公開スペシャル』(中丸・田中・田口)←NEW
9/16(日)
18:10-18:40『MUSIC JAPAN』


今日もたくさん拍手ありがとうございます。
昨日は結局、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』最終回をリアルタイムで見ました。
龍サマ、もう出ないかなって思ってるうちに終わった。

ということで、結局いつアップしたかは分かんなかったけど。
龍サマ、お疲れ様でした

龍サマの出番を簡単にまとめると

1話
土足で櫻田ジムに登場。シュウマイくんをびびらせて、サンドバックを殴る目がもう完全にイっちゃってる

2話
花ちゃんにトレーナー任されてるって言われて「嫌いじゃね~な強気の女」
→「体で3分覚えてんのか」からの初めての田西との遭遇
→全話を通して一番の萌えポイント「ベルトとったら一発やらせろよ」からの「そのうち俺に惚れさせてやっからよ」

3話
シュウマイくんに「ガキのくせにジェラシー感じてんのか」→「人殴って金貰えるなんて最高」

4話
田西が龍サマの練習試合を見に来る→1Rで相手をKOするも花ちゃんに「0点」と言われてちょっとふてくされる。
ボクサー龍サマここまで。

5話
道端で絡んできたやつらをぼこぼこにしてジムをクビになる→やくざに雇われて花ちゃんをボコボコに→田西に呆れて「次にあったら殺す」と見逃してやる

6話
雇い主のやくざの下に集合させられるが頭も下げない反抗的→花ちゃんの旦那、源の取立てに行く

7話
やくざに借金の取立てをほめられておこずかいをもらう→「こんなはした金じゃやってられねぇ~よ」→源の家の前で田西に遭遇「次あったら殺すって言ったろ」

8話
今度はシュウマイくんの父の借金取りたて→平気で子供を差し出す親をシュウマイくんの前でボコボコにして「自分で生きる力を身につけてみろ」→源を精肉工場でボコボコ→逃げた源を追って櫻田ジムに

最終話
源と田西の決闘を邪魔しに行って花ちゃん&シュウマイに足止めを喰らう→花の貯金と指輪で勘弁してやるとジムを去る→シュウマイを買うやくざたちと一緒に来るも奴らをボコボコにして「こいつと櫻田ジムにはもう手を出すな」
→シュウマイに「自分に勝つか、自分に負けるかだ」と言う→女子高生の後ろでタバコをぽい(ちゃんとゴミ箱っぽいかごが階段の手すりについてた)

さすがに田西の面会には・・・来ないよねぇ。
しかし、全体的な最終回の感想としては
・小5から中3の4年間はでかい。シュウマイが別人に。
でも、最後に婚姻届と養子縁組の申請書を持ってくるのはなんかほっこり終わった
・横山さん!!最初気が付きませんでした(笑)
・まぁ、結局当たり前にシホさんもダメなやつだった
・青山さん、死なないのかよ!
・千春の出てきた意味が特にない
・てか、田西が容疑を認める意味ってあるのか?それってほんとに守ったことになるのか?

続きまして、龍サマを褒めちぎる。
改めて全話(龍サマ登場シーンのみ)を見直してみて、実は竜也さんが細かいとこまでしっかり演じてるのよ。
まぁ、最終回が一番わかりやすかったけど。
一匹狼だったけれど、どこかで田西だったり、花だったり、シュウマイだったり仲間に憧れてて。
お金さえあればどうでもいいって強がりつつ、でもやくざのしたについてる自分にも葛藤してて。
最後の田西が源を倒した時の表情とか、鈴木さんに「ありがとう」って言われた時の表情とか。
ちゃんと複雑な表情してて、嬉しんだけど、素直に応じるわけにもいかなくて、っていうのがちゃんと伝わる演技だった。

あとはやっぱり龍サマはきっと小さい頃にシュウマイみたいな扱われ方をしてきて、それを正解かどうかは別としても、自分ひとりで生きてきた。
だからシュウマイの親には本気でキレたし、最後に彼とジムには手を出すなっていう龍サマの不器用な優しさと感謝が見て取れたし、彼には自分のようにはならないで、でも強く生きて欲しかったんだと思うんですよ。
きっと龍サマは今までずっと孤独だったけど、シュウマイには花も田西もいたから、お前なら大丈夫だよ、ってのも喫茶店のシーンに込められてたと思う。

・・・んだけど、竜也さんも「いや、俺そこまで考えてないし」だったらどうしよう。
いろいろ読みすぎ?
でもだからこそ、そのあとのシュウマイには「龍サマがお前を逃がしたのは父を殺すためじゃないんだぞ!」と激怒。
しかし、龍サマが最後のシーンで笑ってて良かったです。
あのまだ残ってるタバコくれ~!!
最後にあのヤクザたちに殺されちゃったらどうしようって、実は監獄のシーンで「もう龍サマ出ないな」って確信するまでずっと不安でした。

私、このドラマでなにげに一番よかったのって龍サマだったと思う(それは個人的主観だ)。
どうだ?
これを読んで、それを踏まえてまた龍サマが見たくなったでしょ?
細かい表情を改めて見てみて。

って、たいした素晴らしいことを書いてるわけでもないんだけど。
ただの自画自賛なんだけど。
でも、自画自賛なんじゃなくて、それだけ上田竜也がこのドラマの編集で9話で30分にもみたない(私、話の途中だろうが映ってなかったらバッサリ切ってたから)出演時間の中で、いい味出してたってことなんですよ。
共演者さんと仲良くなりたいのも我慢してさ。

また素敵な竜也さんの一面が見られました。
ボクシングも活かすことができたし、この役に選んでくれた方、ありがとう。
たっちゃん、お疲れ様でした。
スポンサーサイト



プロフィール

ももか

Author:ももか
KAT-TUN大好きな上田担。
上田中丸よりちょびっとだけお姉さん。
6人のことは大事な思い出。否定しないけど、今は別々の道。
コメント、メールお気軽にどうぞ

最新記事

ご来店ありがとう

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

リンク

検索フォーム

QRコード

QR