FC2ブログ
     

KAT-TUNライブツアー2018CAST感想その2


※今日のオーラスで

フジテレビの密着ドキュメンタリー「Ride on Time(ライドオンタイム)」で11月30日放送分から4週連続でKAT-TUNの300日密着が放送される

と発表あり。
関東ローカルなんだけど・・・・北海道同じ時間で放送してた、えらいぞUHB。ありがとう。



後編。

14. Marionation
中丸さんの色気とエロさを今回ほど感じたことがなくて、相方と友達(私にKAT-TUNを教えた人)に怒られました(笑)
最初の「Marionation」の低音と見下し加減が最高過ぎて「ひぃ!」っていう悲鳴が出た福岡初日から、本当にずっとMarionationやばいこわいでした。
仮面のJr.やマネキンの怖さとか、でも踊りたかったゆっちのダンスとか、ギラギラのジャケットの下のタンクトップの脇がすっげ~開いてるとか。
最後のモニター3分割も目が足りなかったので、早くDVDをください。


15. World's End.
最初、大蛇に驚きましたけど(上田君も蛇好きじゃんって天の声に言われないのかな)
竜也さんのソロはいつも世界観がはっきりしていて「RUNAWAY」だったり「ART OF LIFE」だったり1曲にストーリーが詰まってて表情の演技もすごいんだけど、1番好きなソロ演出となりました。とにかくド派手。
刀とダンスは意外な組み合わせだったけどマッチしてたし、途中のカウントダウンもすごかったし、世界の終りに近づいてく焦燥感みたいなのと、あと最後のカウントダウン消えて爆破する直前の表情がものすごくいいんでDVDでみんな早く確認してください。


16. One way love
竜也さんの爆破の後だったから余計に「ペンライトオフ」がモニターだけじゃ伝わりずらかったんじゃないかな。
でも、北海道の2日目はだんだんつけっぱなしの人も消してって、アリーナも一番後ろのブロック以外はきれいに消えてた。
こういうしなやかさと色気の出し方は、カメちゃんならではの見せ方だし、過去にお世話になった人の力を借りるっていうのがカメちゃんのお仕事やそれで出会った人を大事にしてるんだなっていうのも伝わるし。
美しい舞だったなぁ。


==カトゥネット高丸「サラッと使える皿」==

ゆっちのこだわりの詰まったグッズとこのコーナー、次も楽しみにしています。

17. Real Face#2
その照明は3人乗せることが可能なのね、っていう。
竜也さんのラップにも慣れたなぁ。
間奏の3人が光を操るとこもかっこよかった。
ゆっちの眼鏡もかわいい。


18. ツイテオイデ
振りが可愛いんだけど結局覚えられないまま、まぁ、覚えても次歌わないんだろうなっていうのもあるし。
私はこの曲好きだったけど、ツアーから好きになったって人も結構いたみたいだよね。


19. BIRTH
20. Love yourself~君の嫌いな君が好き~
21. DON'T U EVER STOP
22. KISS KISS KISS
23. Will Be All Right


有名な曲をワンコーラスコーナー。
ラブユアは赤西さんが抜ける前のすっげ~微妙な感じを思い出すので・・・・もういいかなと個人的には思ってしまっている

北海道のスタンド最前列のときに竜也さんがDON'T U EVER STOPでムビステでめっちゃ踊ってたんだけど、ステージがめっちゃ揺れてて見てる方怖くて、でも竜也さんはスタッフさんとムビステを信頼してるからこれだけ全力で踊れるんだろうなと思って見てた。
間奏のボイパに合わせてかずやとたつやがソロダンスを踊るのもかっこいいよなぁ。
このスタンド最前列の一つだけさみしかったのが竜也さんが目の前に来た時の曲が歌いあげの「Don't wait」とめっちゃ踊るこの曲で、呼んでも全然手を振れないよねっていう2曲だったこと。
でも好きな2曲だったので後悔はない。

「Will be~」もすごく人気のある曲で、この曲歌いだすと歓声がすごいよね。
デビュー前からのファンの人の歓声がすごいイメージ(なので、私はそれほどでもない)


24. アイノオカゲ

イントロのゆっちのかわいさずるい、あざとい。
踊りすぎて歌いだしを忘れることもあったけど、北海道では忘れないようにカウントとるのもかわいかった。
この曲は後半かアンコールの定番になってもいいかもね。
竜也さん、たまに靴の裏見せてくれてたな・・・それは別にいい(笑)


25. 薫
頭文字のグループで・・・っていうのを逆手にとったタイトルなのに、本当にいい曲ですよね。
遠征の帰りとかに聴いても本当に染みるいい曲。

歌う前に流れる、充電入る前のドームから今年一年の映像がね。この充電期間を一緒に戦ったものとしては涙なしで見られないよね。(今回は何とかこらえたけど)
歌う3人もいい顔してるし、「ほんと今年楽しいな、幸せだな」って思いながらいつも見てました。


26. Unstoppable
からの間髪入れないかっこよさ。
KAT-TUNならではの炎と特効。
本当にこの曲かっこよすぎて、テレビで披露できたのもよかったよね。
歌い終わって、天に無言で天に帰って行くのもかっこよすぎだし、斬新だったし、KAT-TUNじゃなかったら「バイバイ言わんのかい!」って思うけど。
それからクレジット流れて、今回は今まで流してたメイキング流さないっていうのもなんかかっこいいし。
一つの映画を見たようなかっこいいで終わる本編、素晴らしいよ。


アンコール
1. Peacefuldays
2. ノーマター マター
3. FUNtastic


2階席の本番。(しかし、私今回2階席は1回だけだったなありがたい)
北海道公演のきたえーるは2階席からバクステにトロッコ通れないので、一回降りて裏を走るんだよね。(何かの時にめっちゃ走ってるのを見た)
なのでノーマターの歌いだしのところだったか、カメちゃんと竜也さんが裏走って、ゆっちが会場独り占めだった。
きたえーるの二日目の時に、今まで2階席のほうしか見てなかったゆっちが突然こっちに振り返って、相方と変な声がでました(笑)
ゆっちは目がいいからきっとどの辺に自分のファンいるか把握してるんだろうな、という勝手な解釈、自己満足百も承知。
ゆっちの投げたボールが1階席の天井に思いっきり当たって、アリーナの誰もいない隙間に落ちて行きました。

しかし、お友達でだれかサインボール当たらないもんかと思うけど、いまだに見たことないわ。
竜也さん投げないからいいんだけどね。
カメちゃんが投げたペットボトルも大変なことになってたって後で聞いたから・・・もういいんじゃないかとも思うんだけど。
今、考えたら昔は色紙も投げてたとかすっごいね。

自分で銀テープゲットできたのは・・・きたえーるの初日の時だけかな。
でも福岡で友達がチケット交換した方がわざわざLINEくれて公演後にたくさん譲ってもらって、それを相方とお友達におすそ分けして、きたえーるで会った友達にも取れなかったら困るから先に分けて(アリーナだったから後々取れてたかもしれないけど、それはそれで)
2日目は手を伸ばしたらスタンドから落っこちそうだったんでやめました(笑)
相方は新横浜の駅で「取れなかったね~」って話したら、前歩いてたおねえさんが譲ってくれたって言ってたし、KAT-TUNのファンって素敵だよね。
まぁ、逆もきくし、オーラスはチケット譲るのドタキャンが多かったって話も聞いたけど。

スタッフさんやファンはもちろん、スピーカーやLED(北海道13日)や壁(北海道14日)にも感謝するKAT-TUN。
「We are KAT-TUN」も断る人もたまにいるって言うけど(まぁ、嫌な人もいるよね)私は断られたことないし、毎回すっごく幸せな気持ちでコンサート会場を後にできました。

さみしいけれど、もう次に会える機会が待ち遠しいよ。
だって3人は離れないもの。
本当に楽しい時間をありがとうございました。

続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

ももか

Author:ももか
KAT-TUN大好きな上田担。
上田中丸よりちょびっとだけお姉さん。
6人のことは大事な思い出。否定しないけど、今は別々の道。
コメント、メールお気軽にどうぞ

最新記事

ご来店ありがとう

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー+月別アーカイブ

 

リンク

検索フォーム

QRコード

QR